エストロモンは市販されてない? 別の薬と相性はいい?

エストロモンは市販薬として販売してないの? その他の市販薬と飲み合わせは?

エストロモンは市販薬としては売っていません。買いたい場合はどのような方法があるのでしょうか?

エストロモンは、卵胞ホルモン配合結合型エストロゲンを主成分としているプレマリンのジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品とは新薬(このケースではプレマリン)と効果や成分は同じですが後から開発された薬品です。試験・開発期間を短縮し予算をカットできる分、薬自体の価格を大きく下げることができるのが特徴です。

 

エストロモンを市販するのは違法

エストロモンを市販薬として販売するのは法律で禁じられています。その為、市販薬として流通・販売されていないのです。
ですから、もしも売っているのを見かけたら、違法な品物であることを警戒した方がいいでしょう。

 

エストロモンは市販薬として販売ができない、これは間違いのないことです。そういったものを販売している店には近づかない方がいいでしょう。法律を知らずに売っていても、知った上で開き直って売っているにしても、危険な店であることは間違いないでしょう。店や常連に関わることでなにかもめごとに巻き込まれてしまう可能性もあります。

 

エストロモンの販売を許可されているのは都道府県知事から特別な許可を得た業者のみです。その上に、販売先は医療関係者に限定されていますので、一般のお店に陳列されることはありません。

 

エストロモンの入手には、病院で処方箋を出してもらうのが正攻法です。偽物をつかませることはありませんし、薬以外にも様々な治療が受けられます。

 

ですが、多忙で病院に行けない人もいるはずです。エストロモン以外には必要ないならば、診察費や交通費は無駄なコストと言えます。このような無駄を省いて、市販薬を買うようにエストロモンを手に入れる手段があります。

 

エストロモンを簡単に入手するなら個人輸入代行

個人輸入代行を使用することでエストロモンはお手軽価格で簡単に手に入ります。ネット通販を日ごろから使っているのであれば普段から個人輸入代行を使っている方もいるでしょう。

 

病院にいかなくてもエストロモンをネット通販感覚で買えますので、交通費も診察費もかかりませんし、病院に行く時間を作る必要もありません。

 

ですが、今はじめて個人輸入の存在を知った人からすれば、何をどうすればいいかもわからないでしょう。ですから、どの個人輸入代行業者を利用すればお買い得かを↓の表にまとめてみました。

 

※エストロモン 0.625mg 1錠あたりの価格

  1錠価格 ショップ 詳細
23円(最安値!) オオサカ堂 詳細
26円 アイドラッグストア 詳細
31円 TOP 詳細

 

エストロモンは市販薬との同時使用可能?

エストロモンは病院に行かずとも、個人輸入代行を使えば購入できます。そうなると、医師が考えてくれたはずの薬同士の飲み合わせに関して自分で考える必要が出てきます。ここからは、よく使う代表的市販薬との相性をチェックして行きましょう。

 

NSAIDs(解熱鎮痛剤)との併用


NSAIDsとは解熱鎮痛剤の中の一種で「ロキソニン」や「ボルタレン」といったものがあります。これらは長期連用することによって胃にダメージがあるという特徴をもっています。

 

さらに、エストロモンに吐き気の副作用がある点に着目しましょう。

 

エストロモンだけを使うのであれば、服用初期だけ気をつければ使い続けることで症状は軽減する傾向にありますし、吐き気自体も大きなものではありませんから、無視してしまってもいいでしょう。しかしNSAIDsによる胃炎が出ていれば吐き気と重なってしまい厄介です。胃の状態もかなり悪くなってしまいます。ですから、エストロモンの初期吐き気が収束するまでは併用は控えましょう。

 

胃薬との併用


胃腸薬にも色々な種類の物があります。

 

食欲不振 … 胃の働きを助ける(健胃消化薬・健胃薬)
吐き気 … さまざまな症状に対応できる総合胃腸薬

 

胃腸薬にはエストロモンの副作用吐き気を治療することが可能です。

 

エストロモンを飲んで食欲不振や吐き気などが出てしまったら

 

食欲不振 … 胃の働きを助ける(健胃消化薬・健胃薬)
吐き気 … さまざまな症状に対応できる総合胃腸薬

 

このように、臨機応変に使い分けましょう。

 

エストロモンと胃腸薬の相性はよいです。エストロモンを服用したことで副作用が出てしまった時は活用しましょう。

 

風邪薬・花粉症薬との併用


風邪薬・花粉症薬はエストロモンと効果がダブってしまうようなことにはなりませんし、反対に副作用を治療することもないです。

 

特に効果が干渉しあってしまうようなことはないですから、飲み合わせ相性は悪くありません。一緒に飲んでも問題はないでしょう。

 

エストロモンがどんな薬か紹介


エストロモンの概要としては、妊娠中の馬の尿から生成された天然型エストロゲンと呼ばれるE1系製剤コンジュゲーテッド・エストロゲンスが1錠あたり0.625mg配合されている医薬品であり、先発薬プレマリンに比べてリーズナブルなジェネリック医薬品です。市販薬ではありません。

 

エストロモンは、女性ホルモンの1つとされる卵胞ホルモンを補う作用がある事から一般的には更年期障害や卵巣機能不全症、膣炎、機能性子宮出血、不妊治療などの治療に用いられています。エストロモンは、基本的に朝晩2錠ずつの服用を4週間〜5週間を継続する事で効果を実感出来る女性ホルモン増加医薬品であり、非常に効果なホルモン注射を接種している性同一性障害や女性化を始めるニューハーフの方々に人気を博しています。

 

エストロモンは、エストロゲン同様に血管拡張効果があり、服用に際して相反する血管収縮効果を有するニコチンを摂取する喫煙は薬効の低下を招くだけで無く、激しい動悸やめまいを引き起こすリスクがあるので禁煙する必要があります。エストロモンの副作用は、不正出血や血栓症、胸の張り、吐き気、嘔吐、動悸などが報告されていますが、基本的には重い副作用が無い上に効果が高く安全な市販薬ではなく医薬品です。


http://www.discotecailmaneggio.com/ http://www.seikowatchesdu.com/ http://www.mlb-caps.com/ http://levigatrice.net/